スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小学生のためのモンテッソーリ教育

12 月 20 日(日)野村 緑先生の講演会がありました。


今回のテーマは「小学生のためのモンテッソーリ教育」

3歳~6歳の活動でお馴染みの感覚の教具、3ブロック(ピンクタワー < 3次元の変化 > 、茶色の階段 < 2次元の変化 > 、赤い棒 < 1次元の変化 > )が小学生の活動ではどのように展開され、最終的にはどのように数値化されていくかというお話を中心に想像力の敏感期にいる子どもの興味が、具体から抽象へと向かい、最終的には教具を使わなくなる事。活動を通して、自分で考え自立を目指すというお話を伺いました。




モンテッソーリの教具は、一回限りで終わるのではなく、掘り下げて展開していく。
例えば、長い鎖を数える活動も 数の敏感期にいる幼児の場合は、ただひたすら1つずつビーズを数えるけれど、小学生は、掛け算を使って簡単に数えていくといった具合に同じ教材や教具を使ってもその時の子どもの興味点にあった活動ができるというのが特徴です。

その他、真実に基づいた語り+実験+チャートを使って、子どもの想像力をかきたて、生命の誕生を理解していくグレートレッスンの話など小学校コースの内容を簡単に紹介して頂きました。

時間の制限があるため、一部分の紹介でしたが、小学生の活動を知ることで、0~6歳で体験した事が大切な間接準備になっている事に改めて気づかされました。

この日の夕刊に、イギリスのジョージ王子が、モンテッソーリ教育のニドクラスに入園するという記事が記載されていました。多くの人にモンテッソーリ教育が正しく伝わるといいですね。

次回の講演会は、3月に27日(日)
発達の4段階のお話しです。



スポンサーサイト

2度のチャンスを生かす子育てのヒント

8月30日(日)野村緑先生の講演会がありました。




前回の講演〜モンテッソーリの目で子どもをみてみませんか〜の第2弾。
今回のタイトルは、「幼児期の2度のチャンスを生かす子育てのヒント」という事で
0〜3歳の無意識的吸収の時期と3〜6歳の意識的吸収の時期という乳幼児期にある大事な2度のチャンスに私達大人はどんな風にお手伝いすればいいかをお話ししてくださいました。

子どもは、出来ないのではなくて、やり方がわからない。
その子が本当に夢中になる時期に求めている活動に出会わせてあげる事。そして、小さい出来た!を繰り返す事で自己肯定感が育つのです。
モンテッソーリ教育は、「生命が自ら育つ援助」だという事がよくわかるお話しでした。

12月20日(日)は、第3弾「エレメンタリー小学生」です。会場の都合で定員50名。ぜひ会場で聞きたいという方は、早めの予約をおすすめします。

モンテッソーリの目で、子育てを

野村 緑先生の講演会に行ってきました。


モンテッソーリ教育の話は、自分では良く理解していると思っていても、毎回新たな発見があります。今回もモンテッソーリ女史のエピソードを混じえた具体的なお話で、多くの気付きを頂きました。

モンテッソーリ女史は医師でしたから、視診が重要という考えがモンテッソーリ教育のベースにあります。
まず子どもを良く観察する事。
先入観で子どもを見ないで、今何にこだわっているのか?何を求めているのか?それを知る事で、何を準備すればよいかを見抜いて、手伝ってあげる。モンテッソーリ教育は、今、子どもが求めている事に応えてあげる非常にシンプルな教育です。

モンテッソーリ女史の観察方法は、大好きな葉巻も我慢し、朝早くから昆虫のあるがままを受け入れたファーブルの観察する姿を見習ったそうです。そしてその姿勢を女史は、教師に求めました。

モンテッソーリ女史は
「おしえて、おしえてあげなさい。子どもの意欲をそがないように、訂正しながらおしえないで下さい。」というメッセージを残しています。
一人でやり遂げると満足感は◎になります。女史は、「私の教育法は早期教育ではない。子どもは、自分の事が自分でできるように、やり方をおしえて欲しいのです。」と言っています。

自分で選んだ事は夢中になれる。集中してやめた時の充実感、達成感、自己肯定感が大切。
“自分はやればできる”という経験を沢山している子は、壁を乗り越える力がある。しかしダメだダメだと言われ育った子は、自己肯定感が育たない。
自己肯定感が育った子は、私は、誰かの為に役に立てると考え、心の平和を保つ事ができるのです。

モンテッソーリ教育を受けて育った子ども達は、新しいジャンルの世界のリーダーとして、個性的に活躍しています。

バラク・オバマ
アメリカ合衆国大統

ピーター・ドラッカー
現代経営学の父

ビル・ゲイツ
Microsoft共同創業者

サーゲイ・ブリン& ラリー・ペイジ
googleの共同創立者

ジェフ・ベゾス
Amazonの創立者

キャサリン・グレアム
ワシントン・ポスト誌の経営者

ジョージ・クルーニー
アカデミー助演男優賞受賞者
国連平和大使



『生きる』を考える

おもかげ復元納棺師 笹原留似子さんの講演会に行ってきました。
笹原さんは、東日本大震災直後から津波で損傷を受けたご遺体を生前の姿に戻す復元納棺をボランティアでおこない、その活動はNHKスペシャル等で広く紹介されています。現在も納棺の仕事のかたわら、長期的視野に立った被災者支援の活動を続けているそうです。

笹原さんの優しさ、暖かさを感じる本。自然と涙が溢れてきます。

笹原さんは、学校で『生きる』をテーマににした講演活動を日々行っていて、その中で「震災絵日記』をいくつか紹介すると、多くの子ども達がこの言葉に心打たれるそうです。
モンテッソーリ教育を知ったおかげで、ストレスのない子育てができていると思っているけど、やっぱり時にはカーッとなる事も…。このメッセージを読み、何があっても朝は元気に明るく送り出すと肝に銘じる私です。
プロフィール

YOKO

Author:YOKO
幼稚園教諭、保育士
AMI認定 国際モンテッソーリ教師(3〜6歳)ディプロマ取得
モンテッソーリメソッドを通して、子どもの成長を見守り、お手伝いする仕事を続けています。娘の子育てを通して親として発見する事も数多く…。日本では、数少ないモンテッソーリ小学生コース(聖アンナ子どもの家)に娘が通いはじめた事を機に感じた事を綴ってみる事にしました。
プンチ ラマイとは私がモンテッソーリ教育に出会った地スリランカの言葉(シンハラ語)で小さな子どもという意味です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。