スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花の部分のはたらき

今日の小学生コースは、運動会も多く午前中の参加者は三人でした。娘Mは『大きいそろばん』のお仕事をしました。
母子だったらキーキー喧嘩してしまうであろう活動も緑先生とマンツーマン。ほんわかした優しい時間の中でザ・集中現象でした。
その後、今日は人数いないから、実験しないだろうなーと思っていたら、綺麗なトルコキキョウが出て来て、花の観察。「皆で出来るようにお花を沢山買ってきたんだけどね。」と緑先生、優しく笑っていました。

花弁、おしべ、めしべ、がくを貼り『花の部分のはたらき』という本(全5ページ)を作りました。

この活動なんと20分。幼稚園だったら、1、2日はかかるだろうから、小学生のパワーは、凄いと思いました。前回は葉について行い、今回は花。次回は果物などを使って実、種について活動するそうです。
スポンサーサイト
プロフィール

YOKO

Author:YOKO
幼稚園教諭、保育士
AMI認定 国際モンテッソーリ教師(3〜6歳)ディプロマ取得
モンテッソーリメソッドを通して、子どもの成長を見守り、お手伝いする仕事を続けています。娘の子育てを通して親として発見する事も数多く…。日本では、数少ないモンテッソーリ小学生コース(聖アンナ子どもの家)に娘が通いはじめた事を機に感じた事を綴ってみる事にしました。
プンチ ラマイとは私がモンテッソーリ教育に出会った地スリランカの言葉(シンハラ語)で小さな子どもという意味です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。