FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神様のいる幼稚園

娘Mは、モンテッソーリ教育を取り入れているカトリックの幼稚園に通いました。
いつも神様に見守られているという安心感は、娘Mの心の支柱になっていて、心を育てる幼い時期に日々の生活の中で感じ取る事が出来たのは、とても幸せな事だったと改めて思います。
今日は、数ヶ月に一度行われる卒園生の会に参加する為、幼稚園に行ってきました。久しぶりに会うお友達とパンケーキを焼いて、楽しく食べたそうです。
学校生活にも慣れ、少し浮ついてきた心にビタミン補給できたかな?

シンボルツリーのスダジイの木
改めて見ると大きい!
右が教会。左は園舎。

モンテッソーリ女史も敬虔なクリスチャンでした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

YOKO

Author:YOKO
幼稚園教諭、保育士
AMI認定 国際モンテッソーリ教師(3〜6歳)ディプロマ取得
モンテッソーリメソッドを通して、子どもの成長を見守り、お手伝いする仕事を続けています。娘の子育てを通して親として発見する事も数多く…。日本では、数少ないモンテッソーリ小学生コース(聖アンナ子どもの家)に娘が通いはじめた事を機に感じた事を綴ってみる事にしました。
プンチ ラマイとは私がモンテッソーリ教育に出会った地スリランカの言葉(シンハラ語)で小さな子どもという意味です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。