FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『生きる』を考える

おもかげ復元納棺師 笹原留似子さんの講演会に行ってきました。
笹原さんは、東日本大震災直後から津波で損傷を受けたご遺体を生前の姿に戻す復元納棺をボランティアでおこない、その活動はNHKスペシャル等で広く紹介されています。現在も納棺の仕事のかたわら、長期的視野に立った被災者支援の活動を続けているそうです。

笹原さんの優しさ、暖かさを感じる本。自然と涙が溢れてきます。

笹原さんは、学校で『生きる』をテーマににした講演活動を日々行っていて、その中で「震災絵日記』をいくつか紹介すると、多くの子ども達がこの言葉に心打たれるそうです。
モンテッソーリ教育を知ったおかげで、ストレスのない子育てができていると思っているけど、やっぱり時にはカーッとなる事も…。このメッセージを読み、何があっても朝は元気に明るく送り出すと肝に銘じる私です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

YOKO

Author:YOKO
幼稚園教諭、保育士
AMI認定 国際モンテッソーリ教師(3〜6歳)ディプロマ取得
モンテッソーリメソッドを通して、子どもの成長を見守り、お手伝いする仕事を続けています。娘の子育てを通して親として発見する事も数多く…。日本では、数少ないモンテッソーリ小学生コース(聖アンナ子どもの家)に娘が通いはじめた事を機に感じた事を綴ってみる事にしました。
プンチ ラマイとは私がモンテッソーリ教育に出会った地スリランカの言葉(シンハラ語)で小さな子どもという意味です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。