FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

接続詞

お花を束ねて、リボンで結ぶと花束の出来上がり。このピンクのリボンの役割が接続詞なのです。モンテッソーリ女史が本当に閃めきの人だと感じる素敵なお仕事です。



接続詞は、3〜6歳のプログラムにあるお仕事ですが、8歳の娘でも張り切って活動していました。紙を繋げて長くして、切ったり貼ったり、せっせと楽しそうに体を使ってお仕事をする姿を見て、モンテッソーリのお仕事は、運動を伴う活動なんだと改めて気付かされました。




接続詞の印は、ピンクのリボンです。前に活動した形容詞、名詞、動詞、助詞の言葉にも其々の印を付けて完成です。
幼児は、言語の敏感期なので、お花の名前(名詞)をあえて難しい名前や種類の違うものを用意してあげると喜び、より集中が、深まりますが、小学生は、要領良くなるので、どうでしょうね。




こんな風にガラスの花瓶に飾られて、言語の棚の上に準備されていました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

YOKO

Author:YOKO
幼稚園教諭、保育士
AMI認定 国際モンテッソーリ教師(3〜6歳)ディプロマ取得
モンテッソーリメソッドを通して、子どもの成長を見守り、お手伝いする仕事を続けています。娘の子育てを通して親として発見する事も数多く…。日本では、数少ないモンテッソーリ小学生コース(聖アンナ子どもの家)に娘が通いはじめた事を機に感じた事を綴ってみる事にしました。
プンチ ラマイとは私がモンテッソーリ教育に出会った地スリランカの言葉(シンハラ語)で小さな子どもという意味です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。